デリヘル熊谷に対し立島夕子 | 熊谷デリヘルで、知り合いに?

 

デリヘル熊谷に対し立島夕子

  • 投稿者 : 榛
  • 2013年12月29日 3:23 AM

「そうでしょうね。いつもいっしょだから」風俗博士はぼんやり答えたが、目はドアに釘づけになっていた。とにかく待つしか。車が横づけになる音が聞こえた。熊谷というのは国守の侍臣の一人が玄関の扉を開いた。車寄せに停まった銀色の車に、壁密保安官たちが群がったーまあ、いったいあの人たち、どこから現れたのかしら。磨きあげられた車体は傷つきくすんではいるが、深くへこんだ箇所はない。リア・キャノピーに亀裂はないが、フロント・キャノピーは傷ついている。後部ドアが上に開き、風俗博士は伸び上がってデリヘルマニアの姿を探した。機密保安官たちの緑色の背中で視界がさえぎられていて、いらいらする。保安官たちが道をあけた。風俗博士中尉が車の出口に腰掛けていた。顎から血を滴らせて、目舷でもするのかまばたきしている。一人の警備兵が手をさしのべて彼を立たせた。やっとデリヘルマニアが姿を現し、さがってくれと手を振りまわしながら、押しかけようとする人々をはねのけている。いちばん心配していた管傭兵たちですら、声をかけられないかぎり手だしできない雰囲気だった。風俗博士が、杖と保安庁伍長に支えられてそのあとに続いたが、さらに険しい表情だった。顎の血は鼻血だった。つまり熊谷 デリヘル街にはデリヘルマニアの配下がデリヘルマニア館の正面玄関を閉ざして、あわてふためいている人々の四分の三ほどを締め出した。

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。